私立小学校の学費

もうすぐ小学校に進学するお子さんをお持ちの親御さんは、これからが楽しみですよね。大切なお子さんのために、できる限りのことをしてあげたいという思いから、名進研などの私立小学校へ進学させてあげたいという親御さんも多いでしょう。私立小学校には独自のカリキュラムがあり、お子さんの個性を伸ばしたり、早くから総合的な学力を身につけたりすることができます。しかし、気になるのは、その学費。「私立小学校の学費なんて、とても無理…」とお思いの方もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。「私立小学校の学費は高い」と思い込んで、その実情を具体的に調べたことのない方もいらっしゃるのではないでしょうか。その思い込みはいったん捨てて、名進研などの私立小学校の学費は、実際にどのくらいかかるのかを見てみましょう。判断は、そこからでも遅くはありませんよ。

公立小学校の学費

小学校
まず、公立小学校の学費を見ておきましょう。公立小学校では、授業料はかかりません。入学金もないため、負担はゼロだと思われている方もいるかもしれませんが、実際には、給食費や学校外活動費などさまざまな学習費が必要です。具体的には、修学旅行や遠足などの積立費・生徒会費・PTA会費・図書費・制服代などの学校教育費が約5万5千円、学校給食費が約4万円、学校外活動費が約20万5千円と、1年間に約30万円の費用がかかると言われています。公立小学校だからといって、負担がゼロではありませんが、月々に直すと約2500円と、その負担は少ないと言えるでしょう。

私立小学校の学費

続いて、名進研などの私立小学校の学費を見ていきましょう。東海地区にある名進研などの私立小学校の学費は以下の通りです。
名古屋の南山大学附属小学校では、入学金が20万円、授業料が約53万円、施設設備費が12万円、ランチ代が約12万5千円と、入学初年度は約97万5千円が必要です。
椙山女学園大学附属小学校では、入学金20万円、授業料約62万5千円、給食費や積立金などを含めたPTA会費等納付金として約5万円と、入学初年度は約87万5千円が必要となります。
岐阜聖徳学園大学附属小学校では、入学金12万円、授業料24万円、施設費や給食費などを含めた教育充実費として約36万円と、入学初年度は約72万円が必要です。
名進研小学校では、入学金が20万円、授業料が70万円、施設設備費が15万円、教材費が12万円と、入学初年度は約120万円が必要となります。この他にも、給食費や制服費等の制定品費が別途必要です。名進研小学校では、東海地区の他の私立小学校よりも授業料が高額となっていますが、公立小学校よりも6年間で約1400時間授業が多く、週休2日制の他の私立小学校と違って、土曜日も3時限の授業を行っていることなどが関係しているのかもしれません。

このように、名進研などの私立小学校は公立小学校よりも多くの学費が必要となります。特に、入学初年度は、入学金が必要となるため、年間費用が最も高額となります。それを終えても、公立小学校に比べて2~3倍の学費がかかると言えるでしょう。公立小学校とは違って、授業料が必要なだけでなく、施設設備費などが必要なのも私立小学校の学費の特徴です。

私立小学校の学費は何故高額?

では、なぜ名進研などの私立小学校の学費は、高額なのでしょうか。それは、私立小学校独自のカリキュラムにあります。たとえば、ネイティブスピーカーの先生による英語教育を実施するには、そのために費用が必要となり、それが授業料へと反映されます。また、コンピュータスキルを習得する授業をするためには、専門の講師やパソコン機器が必要となり、費用もかかります。これらは私立小学校だからこそできるカリキュラムであり、公立小学校で同じ授業を受けることは難しいでしょう。
名進研などの私立小学校の授業料は、無料である公立小学校に比べると高額に思えますが、公立小学校では学ぶことのできないカリキュラムを受けられるという大きなメリットがあります。生きた英語を学ぶことで世界に目を向けたり、早くからパソコンを使いこなせるようになることで、お子さんの専門的な個性が発揮されたりするかもしれません。公立小学校では体験できない、私立小学校の特色あるカリキュラムは、お子さんに貴重な体験や可能性を与えてあげることになるのかもしれませんね。それはきっと、お子さんの財産となるでしょう。
また、負担が少ないという理由で公立小学校を選んだとしても、中学受験を意識し始めると、学習塾へ通い始め、その負担も増えることになります。平均的には、小学4年生から3年間通う家庭が多く、その費用は3年間で約215万円になるとも言われています。名進研などの私立小学校であれば、中学受験に対応したカリキュラムであることも多いので、学習塾に通う必要はないかもしれません。

まとめ

公立小学校と私立小学校では、学費が大きく異なるということがわかりました。しかし、それは金額が異なるだけではなく、内容も異なるということをしっかり理解しておきましょう。どちらの小学校にも魅力はありますが、名進研などの私立小学校には、独自のカリキュラムがあり、お子さんの個性を早期に発見し、伸ばしてあげられる可能性もあります。学費の違いを踏まえて、お子さんにどんな小学校生活を送らせてあげたいかを、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加