東海地区の大手進学塾の入塾テスト

小学校高学年にさしかかったお子さんをお持ちのご家庭では、中学受験を意識される方も多いのではないでしょうか。東海地区には、全国トップクラスの私立中学もあり、中学受験に対応できる大手進学塾もたくさんあります。進学塾によって指導スタイルも異なるため、どの塾を選ぼうか迷うところですが、中学受験に対応している進学塾に入るためにも、試験に合格しなければなりません。いわゆる「入塾テスト」です。

また、「塾に通おう!」と決めても、すぐに入塾できるとは限りません。塾によって、入塾テストを行う時期を決めているところもあり、そのタイミングを逃せば入塾できない、ということにもなりかねないのです。塾に通うにも、準備が必要なんですね。今回は、東海地区における大手進学塾の入塾テストについて詳しくお話していきます。

名進研の入塾テスト

悩む男子
東海地区において、難関中学合格を目指すのであれば、「名進研」への入塾を検討されるご家庭は多いでしょう。名進研は、東海中学校や南山中学校女子部など、東海地区の難関中学への合格実績No.1を誇る進学塾なので、入塾するタイミングを逃したくないですね。

名進研では、入塾のタイミングを年2回としています。新年度が始まる春と、夏期講習を終えた秋の2回です。これは、クラスの全員が同じテキストを1ページ目から学習するタイミングとして揃えており、前期と後期の途中には入塾することができないシステムになっています。お稽古事などと両立しながらスムーズに受験勉強を進めるには、小学3~4年生のうちから名進研に通うのが、受験の成功率が最も高いとされています。

ただ、小学6年生から名進研に通い始めた生徒でも、東海中学校や滝中学校、名古屋中学校などすべての受験校に合格したお子さんもいます。入塾のタイミングさえ逃さなければ、誰にでも合格のチャンスはあるということです。もう遅いかもしれない、と諦めず、まずは入塾テストを受けることから始めましょう。

名進研では、入塾を希望する場合、入塾説明会と入塾テストに必ず参加する必要があります。どちらも無料で参加でき、テスト教科は国語と算数となっています。学校で学習した範囲から出題されるので、普段の勉強を復習して臨みましょう。夏期講習を終えた後期から入塾する場合、夏期講習の総仕上げテストが入塾テストの代わりとなりますので、夏休みから名進研の雰囲気に慣れ、塾通いのペースをつかんで後期から入塾する、という方法もあるでしょう。

名進研では、学力別に2つのクラスに分けて授業が進められます。ライバルに負けたくないという競争意識を刺激することで、学習意欲を高めるのが狙いですが、入塾テストの結果とともに、どちらのクラスからスタートするかも連絡があります。名進研のホームページには、入塾テストや夏期講習の情報がアップされますので、欠かさずチェックすることをおすすめします。

その他進学塾

名進研に次いで、合格実績を伸ばしているのが「日能研」です。日能研でも、入塾前には必ずテストが必要です。日能研の場合、名進研とは違って入塾テストの時期が限られているわけではないので、ホームページにて入塾テストの時期を調べるか、近くに教室に問い合わせて入塾テストの案内を受けることをおすすめします。入塾前には体験授業を受けることもできますので、実際に授業を体験してみてから、入塾テストを受けるかどうか検討されるのもいいでしょう。

12年連続灘中学合格者数日本一など、関西で圧倒的な合格率を誇る「浜学園」は、東海地区でも強い合格実績を誇ります。浜学園には、入塾チャンスがたくさんあるので、入塾したいタイミングに合わせて入塾テストを選ぶことができます。毎月第2日曜日に行われる「公開学力テスト」、毎週土曜日14時30分から行われる「土曜入塾テスト」、テスト日時を相談できる「特別扱い入塾テスト」、入塾テストを兼ねて年4回行われる「学力診断無料オープンテスト」の4種類の入塾テストがあり、公開学力テスト以外は無料で受けることができます。

この入塾テストに合格した後、入塾説明会に参加し、授業がスタートします。浜学園では、入塾テストが毎週行われていることになるので、できるだけ早く入塾したいというご家庭には、ピッタリなのではないでしょうか。しかも、公開学力テストの過去3ヶ月分の問題は、各教室にて販売されており、事前に対策を行うこともできます。スムーズに入塾し、スムーズに受験勉強に入っていけるでしょう。

東海地区の老舗進学塾「明倫ゼミナール」でも、中学受験を目的とした「小学部難関受験科」に入るには、入塾テストに合格することが必要になります。授業中、講師から生徒への問いかけが多く、ほめる機会を積極的につくっている明倫ゼミナールでは、自主性や自己肯定感を育てつつ、受験勉強を進めることができるのではないでしょうか。

まとめ

このように、中学受験に対応した大手進学塾では、すべて入塾テストを受けなければなりません。入塾テストに合格することから、受験勉強が始まると言っても過言ではないでしょう。塾によって、入塾テストの回数や時期が異なるので、塾選びとともに、入塾テストの情報も忘れずにチェックするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加