私立小学校に通うメリット

お子さんにはのびのび育ってほしいと願う一方で、将来のために十分な教育を受けさせたいとお考えの親御さんも多いのではないでしょうか。ゆとり教育を見直す声も上がっている中で、お子さんにとって、何がベストの道なのだろうかと頭を悩ませてしまいますね。特に、これから義務教育が始まるご家庭では、公立小学校に通うか、私立小学校に通うかを模索されている最中ではないでしょうか。公立小学校にも私立小学校にも魅力はありますが、今回は、名進研などの私立小学校に通うメリットについてお話していきます。

意外と私立小学校が少ない

講師と生徒
東海地区における私立小学校は、東京など都心に比べると、少ない傾向にあります。そのため、公立小学校に通わせるというご家庭も多いことでしょう。幼なじみやお友達と、同じ小学校に通い、勉強はもちろん、部活動などいろんな経験を積めるのが公立小学校の魅力です。また、費用の負担も少なく、知り合いも多いことから、親御さんは安心して通わせることができるかもしれませんね。私立小学校となると、学費は高額になり、通学時間も長くかかることが多くなります。それでも、「私立小学校に通わせたい」という親御さんは少なくありません。どうしてでしょうか。それは、私立小学校独自の魅力にあるでしょう。

公立小学校と違って、私立小学校では、学校独自のカリキュラムを作成することができます。公立小学校では学べないことや経験できないことも、私立小学校では体験することができ、それがお子さんの将来につながると考える親御さんが多いようです。
では、具体的に、どのような独自のカリキュラムがあるのか、ご紹介していきましょう。
まずは、名古屋の名進研小学校ですが、公立小学校に比べると、6年間で1400時間も授業が多いのが特徴です。公立小学校は週休二日制ですが、名進研小学校では土曜日にも3時間の授業を行い、入学したばかりの1年生にも6時限目を設けているほど、授業数にこだわりを持っています。他にも、1年生から3年生の間には、「礎(いしずえ)」という名進研小学校独自の強化があり、学習活動の基盤となる4つの能力-思考力・言語活用能力・精神力・学習力-を鍛えるための授業が行われます。単なる知識の詰め込みではなく、総合的な学力を養う教科と言えるでしょう。また、名進研小学校では、子どもが司会者となり授業を進めていきます。事前に担当教師と打ち合わせを行った子ども司会者が、時間配分やまとめ方などを確認し、タイムキーパーや板書担当などとともに「司会団」として授業をマネジメントするのです。公立小学校では、教師が授業をリードするのが当たり前ですが、私立小学校であれば、このようなユニークな進め方も可能になります。教師主導の授業でないからこそ、子どもたちの授業への関心や考える力が育ち、判断力や表現力も身につけることができるのです。

私立小学校は独自のカリキュラム

南山大学附属小学校や椙山女学園大学附属小学校では、毎日英語の授業が行われます。国際化社会が叫ばれて久しいですが、海外で仕事をする方だけでなく、日本にいても英語が必要な社会になってきました。外国人観光客だけでなく、外国人が日本の職場にいることも珍しくなくなってきたのです。今後は、ますます英語力が必要な社会になっていくことでしょう。それを見据えて、小学生のうちから英語に親しむ環境を作ってあげることも、私立小学校であれば可能です。公立小学校でも英語の授業はありますが、私立小学校のように多くの授業数を割くことはできません。独自カリキュラムがあることで、お子さんの可能性を広げてあげることにもつながるのです。

岐阜の岐阜聖徳学園大学付属小学校でも、公立小学校の1.2倍の授業数が設けられており、情報化・国際化社会に対応できるよう意識されたカリキュラムとなっています。低学年から、ネイティブスピーカーの先生との会話を中心とした英語の授業があり、楽しみながら「聴く・話す・書く・読む」の4技能をバランスよく身につけることができます。また、パソコンやタブレット端末に触れる機会を作り、コンピュータスキルも身につけていきます。将来の実践力を身につけられるカリキュラムと言えるでしょう。

まとめ

ゆとり教育では学力が不安だけれど、知識の詰め込みだけでもあまり意味がないのでは…と不安に思われている親御さんには、私立小学校の独自カリキュラムは、とても興味深いものではないでしょうか。知識はもちろんのこと、主体性や判断力、表現力まで身につくカリキュラムは、私立小学校ならではでしょう。また、これからの社会で活躍していくには、英語力やコンピュータスキルも欠かせません。そのような能力を総合的に身につけられるカリキュラムは、私立小学校にはあります。
社会に出ると、知識を持っているだけでは通用しません。それをどう使っていくかが問われます。そのような力を小学生のうちから身につけられるのは、お子さんにとって財産となるでしょう。「真の学力」を身につけ、お子さんの個性を伸ばしてあげたいとお考えの親御さんには、名進研などの私立小学校への進学を選択肢に含めることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加